スタッフを知る

働き方インタビュー

  • トップページ
  • スタッフを知る
  • #01. おうちの買い方相談室 田上 雄一

#01

2018年3月入社おうちの買い方相談室田上 雄一

一部上場企業の
管理職のポジションを捨て、
全国の住まいと暮らしを
変えるアドバイザーへ

Q1.入社理由を教えてください

元々は代表の三浦と趣味の車のレースを通じて知り合いでした。
前職ではディベロッパーで営業職をしていましたが、その頃は商品を売ることが優先。数字に追われる中で、お客様に必ずしもオススメ出来ないものも売る必要がありました。
また、同じことの繰り返しのため新鮮味のなさや、創業期から前線で後輩を引っ張っていたため社歴に比例して上がる給料とポジション、仕事の意味について考えるようになっていました。
そんな中、三浦と出会い、会社の考え方や事業展開の話を聞き、一度きりの人生をより成長し続けることで意義のあるものにしていきたい!と考えました。
今までの知見を生かしつつ成長でき、ご縁によりお客様の一生のお付き合いができる、GOENで働きたい!と強く考え、上場企業の安定感を手放し挑戦を決意しました。

Q2.この仕事におけるあなたのミッションを教えてください

お客様に住宅会社の紹介を行い、生活の見直しを通じて暮らしを支えることと、経営企画の立ち位置でおうちの買い方の事業の仕組みづくりを行うことです。
大分で住宅ファイナンシャルプランの必要性が明確になった今、どのハウスメーカーや工務店でお家を建てる方でも、人生設計をすることが必要です。見通しのある人生で、必要なお家を手にして頂くために、大分での取り組みを全国に広げたい。
そして、今までの経験をもとにさらに成長し社会に新たな価値を発揮することや、大分のお客様に本当に満足する暮らしを提供するために、これからも誰よりも住宅ファイナンシャルプランを行っていきたいと考えています。

Q3.今後の目標を教えてください

住宅会社側でもなくお客様側でもない「中立」の立場になった今、対等な関係でお客様とお話ししていただき、「本当に話を聞きにきて良かった!」と言われ続ける、お客様にとって唯一無二の存在のアドバイザーになっていきたいと考えています。
住宅会社の営業は住宅の知識やローンのことも偏った知識しかお客様に伝えません。本当にお客様が知りたい情報を、当時お話しできなかった部分や周りから刺激を受けることで得た知識や経験を生かし、お話することで、お客様と二人三脚で人生設計ができるようお手伝いをしていきます。

  • スタッフを知る働き方インタビュー